銀座眼科レーシック体験した私です。はっきりいって後悔ぎみです。そこで品川近視クリニックイントラレーシック体験した友人の意見や神奈川クリニック眼科にてレーシックイントラレーシックを受けた友人の意見を参考に、レーシックの危険性安全性安い、高い、失敗談、もろもろの情報を提供して行きたいと思います 3F3F3F5B3FV3Fb3FN3FC3F3F3F5B3FW.jpg


レーシックのデメリットカテゴリの記事一覧

レーシック術後の後遺症、かすみ

レーシック術後の後遺症、かすみ

レーシックを受けた後のデメリットそして目のかすみがあります。

これは光がにじんで見えるハロ(ハロー)や光がよりまぶしく見えるグレアとは違います。後遺症というものでもないですね。

目のかすみは単純にフラップがまだきちんと眼球に接着してないところから起こると考えられます。

銀座眼科でレーシック手術を受けたその日は道を歩くのもぼやぼやして目がかすんで怖かった思い出があります。

大体翌日にはこのかすみは取れて、視力が1.0前後に上がります。

ところが、このかすみ、レーシックの術後2,3ヶ月しても、明るい屋外からビルなどの屋内に入ると、結構でてきます。

地下鉄に乗ったりとかするときにもでてきます。

急に突然視野が狭くなるような感じと視力が低下する感じがします。


なぜ、暗いところに入ると目がかすむのか?よーく考えてみました。


外にでると晴れ晴れスッキリ見えるのになんで??

なるほど。

レーシックは、その手術の過程において角膜の蓋として
フラップをつくり切り取って内部をレーザーで削り、また
フラップで蓋を閉じて、もとの状態にするわけです。


それで、このフラップの接着部分です。ここが問題。

一般の外科の手術なら皮膚を剥がして、内臓など手術しますが
その皮膚の複合具合の問題と捉えてください。


つまりこうです。

フラップは黒目の周り、瞳孔が開いた幅でつくります。そこが
フラップの継ぎ目ですね。

昼間明るいと、瞳孔は小さくなり、フラップの継ぎ目を無視して
光を取り入れます。

よってクリアにみえます。

しかし暗いところに行くと瞳孔が開きます。すると光が目に入るときに継ぎ目であるフラップの部分まで触れて入ってくるのです。

目の瞳孔の中心部は平気ですが、周辺部はかすむしかないわけです。

それとともに視野が狭く感じるとおもわれます。


そんな理由で、レーシックの術後の2ヶ月くらいフラップが完全にクリアーに完治するまでは暗いところに行くと視野が狭くなったり、かすむのです。


これについては我慢するしかないですが、イントラレーシックにせよ、レーシックの腕のいい先生とかならフラップをきれいに作れるので、この現象はかなり軽減しますね。

レーシックのメリット、デメリット

レーシックのメリット、デメリット

レーシックを受ける人のために一応考えられうるデメリットをあげてみます。

レーシックのメリットはいわずと知れた、眼鏡やコンタクトからおさらばして、裸眼で生活できる爽快感です!のはずです!僕はいまいちですが・・・

あと目が疲れなくなって肩こりが取れたとか、聞きますね。


レーシックにおけるデメリット(リスク)はこんな感じですね。

エキシマレーザーを用いたレーシック手術は安全性は非常に高いもの、しかし医学的手術であるため多少の失敗リスクがあること。
ただし、これまでレーシックの失敗で失明したなど大きな事故に至ったケースはありません。
そもそもどこかでもかきましたが、レーシックでは乱視や角膜にヘイズなどの濁りが出ることはあっても失明まではしません。

また自然に改善する一時的な合併症・後遺症は一定の割合でたいてい発生します。

具体的には

・ドライアイ
・白目の充血
・目に異物感を感じる
・涙目になる
・ハロ
・グレア

以上の合併症は数週間〜6ヶ月くらいで完治する場合がほとんどですが、まれに残る場合があります。

この危険性はデメリットですね。

それから当然といえば当然のデメリット、いやメリットかな?ですが   

レーシックを受ける前の元の眼の状態に戻せません。

脅すわけではないですが、これらのことは考慮しておきましょう。

あとはこれはイントラレーシックをやっているところがよくいうんですが、レーシックはマイクロケラトームを使ってフラップを作るため、イントラレーシックと比べると術後にドライアイ等になる可能性が高いとか。

このデメリットに関しては若干の異議があり、イントラレーシックのほうこそドライアイになりやすいのだという医者もいます。

私の意見としてはドライアイはレーシックした人もイントラレーシックした人もどっちもみんな出てるので、気にしないこと。です。大抵すぐ治りますので。

ちなみに私はドライアイは全くといっていいほどでませんでした。後輩は結構出てますけど。レーシック術後3ヶ月でまだ続いてるとか。

ドライアイに関してはフラップがきれいに作れるレーシックの先生ならイントラレーシックよりドライアイになる確率は多分低いでしょう。

それからレーシックの場合、角膜が薄い人・近視の度合いが強い人は適応検査で不適応になることがありますね。これはデメリットにはいるのかな・・

ですから角膜薄い人向けのエピレーシックとかフェイキックIOLとか、ラセック(LASEK)とかあるわけですね。

それからデメリットとして

手術費用が高額(健康保険が効かない)というのもあります。ただ、これは生命保険会社の保険で大抵適応できますので、加入されている人はラッキーです。

今から加入しよう!とレーシック目当てでしてはいけません。生命保険会社も見破りますので。


それからデメリットとしてはレーシックの術後、生活の制限があります(スポーツ、入浴、化粧等)

入浴は翌日は駄目。その次からは目に水が入らないようにして可。スポーツも振動とか目に良くないので、1週間くらいは激しいのは駄目。
目玉は出来るだけこすらない。かゆくても我慢。これが1週間くらい。

最後に人によっては近視の戻りが起こる場合がある。その場合は再手術などの処置が必要


日本ではまだレーシックの歴史が浅く、長期に渡る安全性が確かめられていないので、その安全性においての未確認の部分はデメリットといえるでしょう。

でもアメリカで200万件以上やって大きな問題になってないから大丈夫たどおもいますけど。

以上、レーシックデメリットをあげまくってみました。


月給50万円の超高額モニターとは?

髪毛が気になる方、私も使ってますが、辛辣な2ちゃんねるでも評価が高いシャンプーがこれです。良い感じです。


以前、よく通ってました。東京の御徒町、二木ゴルフ。まあまあ、良いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。