銀座眼科レーシック体験した私です。はっきりいって後悔ぎみです。そこで品川近視クリニックイントラレーシック体験した友人の意見や神奈川クリニック眼科にてレーシックイントラレーシックを受けた友人の意見を参考に、レーシックの危険性安全性安い、高い、失敗談、もろもろの情報を提供して行きたいと思います 3F3F3F5B3FV3Fb3FN3FC3F3F3F5B3FW.jpg


レーシックとコンタクトレンズの価格比較

レーシックとコンタクトレンズの価格比較

レーシックの手術代金を12万円と考えて、コンタクトレンズを10年使った場合と比較してみましょう。

どっちがコストパフォーマンスがいいでしょうか?

コンタクトレンズは、両目の使用と考え、使い捨ての場合いは期間によって、料金は異なりますね。

2week使い捨て・1日90円として、
1年間32,400円、10年間324,000円

1week使い捨て・1日170円として、
1年間61,200円、10年間612,000円

1day使い捨て・1日240円として、
1年間86,400円、10年間864,000円
となります。

1dayはめちゃくちゃ高いですね。

通常のコンタクトレンズが両眼1万円としてコンタクトレンズの寿命として一般的に言われるのはソフトレンズで1年から1年半、ハードレンズで2年から3年あたりが寿命の目安です。

すると、10年でソフトレンズの場合は7,8万円。
ハードレンズの場合は4,5万円です。

結論からするとハードのコンタクトレンズを使っているは、30年間でレーシック1回の代金をペイできます。

ソフトなら15年ですね。

使い捨てを使っている人はレーシックをやったほうが絶対安いです。

ハードを使っている方は将来の自分の寿命を考えて、手術にのぞみましょう。あと、30年以上生きれるかたはレーシックのほうが安くなります。





レーシックとコンタクトレンズ

レーシックとコンタクトレンズ

コンタクトレンズがあればレーシックなんか必要ない!という人もいます。

私は眼鏡なのでコンタクトの人の気持ちは分かりません。

でも。

コンタクトレンズは明らかに目に悪いですよ。

レーシックも術後の感染症とか気になるところもありますが、圧倒的にコンタクトレンズのほうが感染症になりやすいです。なにせ、四六時中目玉に異物入れてるわけですから。

こんな情報があります。

現在日本では、コンタクトレンズの使用者が、約1,500万人で、1年間に約150万件のコンタクトレンズによる眼科的な障害が起きているそうです。

すべての障害がそうではありませんが、コンタクトレンズの使い方に問題があるものが多いようです。

ソフトレンズの場合、特に毎日の洗浄や消毒等、きちんとした手入れが必要ですね。

それから、コンタクトレンズの使用によって起こる、眼科的障害には、どのようなものがあるかというと・・

まずドライアイ。

一般的によくいわれるドライアイは、涙の量が少なくなることによって起こり、目に異物が入ったように感じることや、疲れ目や目の痛みがあります。

また、コンタクトレンズの表面に、ほこりやたんぱく質がつき、結膜にアレルギー反応が起こることでまぶたの裏などに、こぶ状の隆起ができる巨大乳頭性結膜炎や、角膜びらんという角膜にできた浮腫が、はがれてただれた状態のものもあります。

ソフトコンタクトレンズの使用者に多くみられる、アカントアメーバ角膜潰瘍は、原生動物のアカントアメーバが、角膜の中に入り、炎症を起こすものですが、これは失明の可能性があります。

いかがですか?レーシックのほうが安全な気がしてきませんか?コンタクトレンズを使用してる人は、日頃から、レンズの洗浄や消毒を忘れないようにしましょう。


月給50万円の超高額モニターとは?

髪毛が気になる方、私も使ってますが、辛辣な2ちゃんねるでも評価が高いシャンプーがこれです。良い感じです。


以前、よく通ってました。東京の御徒町、二木ゴルフ。まあまあ、良いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。